青木の出京

一 銀座のカフェ××××で、同僚の杉田と一緒に昼食を済した雄吉は、そこを出ると用事があって、上野方面へ行かねばならぬ杉田と別れて、自分一人勤めている△町の雑誌社の方へ帰りかけた。 それは六月にはいって間もない一日であった… 続きを読む 青木の出京

青鱚脚立釣

青鱚釣は例年八十八夜即ち五月上旬には釣れはじまる。江戸前三枚洲、ガン場、中川尻、出洲など大そうな賑わいである。また千葉方面では浦安、船橋なども人出が多く最近は周西方面まで遠征する人もあり、西海岸では立会川、鈴ヶ森、品川、… 続きを読む 青鱚脚立釣

青鬼の褌を洗う女

匂いって何だろう? 私は近頃人の話をきいていても、言葉を鼻で嗅ぐようになった。ああ、そんな匂いかと思う。それだけなのだ。つまり頭でききとめて考えるということがなくなったのだから、匂いというのは、頭がカラッポだということな… 続きを読む 青鬼の褌を洗う女

蒼馬を見たり

自序 あゝ二十五の女心の痛みかな! 細々と海の色透きて見ゆる 黍畑に立ちたり二十五の女は 玉蜀黍よ玉蜀黍! かくばかり胸の痛むかな 廿五の女は海を眺めて 只呆然となり果てぬ。 一ツ二ツ三ツ四ツ 玉蜀黍の粒々は二十五の女の… 続きを読む 蒼馬を見たり




●こちらの商品は、メール便対応商品になります.●
メール便ご希望のお客様は、お会計時に配送方法をメール便に変更してください。
詳しくは決済・配送・返品のメール便の欄をご覧ください。

※数量により、サイズか重さがオーバーする際は、メールにてご連絡させて頂きます。

※配送方法がメール便のご指定がない場合は、対応商品でしても宅配便にて発送させて頂きますので、ご注意ください。




【商品説明】
ちょっぴりオシャレなおでかけ着。
苦しくないのがうれしいネ♪
どんなカラー(毛色)にも合う、活発なイメージのデニム地ハーネス。
ラビットベストハーネスは、うさぎの体に優しくフィットするよう、ハーネス本体をベスト風の形状にし、装着を簡単にしました。

 ※生地の色はロットによって予告なく変わる場合があります。 

【商品サイズ】
首周り :約14~23cm
胴周り :約18~36cm
リード長 :120cm 

【販売元】
三晃商会 大阪府箕面市

蒼馬を見たり

芙美子さん―― しばらく留守にしてゐたので返事が遅れてすみません。帰つてから十日余りになるのです。身体はさしてわるいと云ふわけではないが、頭が痲痺してゐるやうなのです 序文は勿論喜んで書きます。しかし別段改まつて書く事も… 続きを読む 蒼馬を見たり

蒼馬を見たり

芙美子さん 大空を飛んで行く鳥に足跡などはありません。淋しい姿かも知れないが、私はその一羽の小鳥を訳もなく讃美する。 同じ大空を翔けつて行くやつでも、人間の造つた飛行機は臭い煙を尻尾の様に引いて行く。技巧はどうしても臭気… 続きを読む 蒼馬を見たり

三晃商会 サンコー ラビット・ベストハーネス(デニム) (うさぎ用ハーネス)

青いぞ、 ゆきはまつさを、 もも、さくらぎに花咲かず、 青いこなゆき、 光る山路に泣きくらす。 青いぞ。

青い眼の人形

童謡は童心性を基調として、真、善、美の上に立つてゐる芸術であります。 童謡の本質は知識の芸術ではありません、童謡が直に児童と握手の出来るのも知識の芸術でないからであります。 童謡が児童の生活に一致し、真、善、美の上に立つ… 続きを読む 青い眼の人形

青い眼鏡

一 「アラ、皆さんお揃い、よかったわねエ」 素晴らしい年増、孔雀のように悠揚としてクラブの食堂に現われました。今は有名な美容術師で、派手な浮薄な、如何わしい限りの生活をして居りますが、元は外交官の夫人だったという噂のある… 続きを読む 青い眼鏡

青い窓

へちま 垂れてる 青い窓―― ピアノの 音してた 青い窓―― だれだか 知らない 住んでゐた―― どこだか 知らない 越してつた―― いつも 通つてく 學校道―― へちま 搖れてる 青い窓――

青い焔

第一章 霧の深い夜が毎晩のやうに続いた。黒々と打ち続いた雑木林の繁みの間から流れ出して来るかのやうに、それは月光を浴びて乳色に白みながら、音もなく菜園の上に拡がりわたつた。梨畑が朦朧と煙つた白色の中に薄れて行くと、連なつ… 続きを読む 青い焔

三晃商会 サンコー ラビット・ベストハーネス(デニム) (うさぎ用ハーネス)

小学校時分の話であります。 正雄の組へ、ある日のこと知らない女の子がはいってきました。 「みなさん、今日から、この方がお仲間になられましたから、仲よくしてあげてください。」と、先生はいわれました。 知らない人がはいってく… 続きを読む 青いボタン

青い星の国へ

デパートの内部は、いつも春のようでした。そこには、いろいろの香りがあり、いい音色がきかれ、そして、らんの花など咲いていたからです。 いつも快活で、そして、また独りぼっちに自分を感じた年子は、しばらく、柔らかな腰掛けにから… 続きを読む 青い星の国へ

青いポアン

第一部 明子は学校でポアンといふ綽名で通つてゐた。ポアンは点だ、また刺痛だ。同時にそれが、ポアント(尖、鋭い尖)も含めて表はしてゐることが学校仲間に黙契されてゐた。特に彼女の場合、それは青いポアンであつた。 明子はポアン… 続きを読む 青いポアン

青い風呂敷包

ゴリラ 江川初子がカフェー・ドラゴンからアパートへ帰ったのはかれこれ朝の五時頃であった。 彼女はハンド・バッグから室の合鍵を出し、扉を開けると、冷めたい朝風がサッと顔を撫でた、オヤと思って見ると往来に面した窓が開放しにな… 続きを読む 青い風呂敷包

青い服の列

青い服の長い列、 みんな揃って青い服、 ひょろひょろとした、 せいのひくい、 営養不良の、 顔まで青い長い列。 みんな同じようなゲートルをまいて、 手に手に日の丸の小旗をもって、 生徒のような帽子をかぶって、 どれもこれ… 続きを読む 青い服の列

青い紐

桃山哲郎は銀座尾張町の角になったカフェーでウイスキーを飲んでいた。彼は有楽町の汽車の線路に沿うたちょっとしたカフェーでやった仲間の会合でたりなかった酔を充たしているところであった。 もう客足が斑になってそこには前のすぐス… 続きを読む 青い紐

青い紐

桃山哲郎は銀座尾張町の角になつたカフエーでウイスキーを飲んでゐた。彼は有楽町の汽車の線路に沿うたちよつとしたカフエーでやつた仲間の会合で足りなかつた酔を充たしてゐるところであつた。 もう客足が斑になつて其処にはすぐ前のス… 続きを読む 青い紐

葵原夫人の鯛釣

一 葵原夫人は、素晴らしい意気込みである。頬に紅潮が漂って来た。 「では、いけませんか?」 と、念を押す。 「いけない、と言うことはありませんが、一体に婦人は舟に弱いものですからね」 「いえ、それでしたら御心配いりません… 続きを読む 葵原夫人の鯛釣

青い花の香り

のぶ子という、かわいらしい少女がありました。 「のぶ子や、おまえが、五つ六つのころ、かわいがってくださった、お姉さんの顔を忘れてしまったの?」と、お母さまがいわれると、のぶ子は、なんとなく悲しくなりました。 月日は、ちょ… 続きを読む 青い花の香り